ヨガアウェアネス
認定 & 基準

ヨガ アーユルヴェーダ トレーニング (YAT) インターナショナル

Yoga Awareness YAT-300 Yoga Ayurveda Teacher Training in Tokyo, Japan Ayurveda Training YAT 400 Hour Certification in Tokyo Japan Yoga Awareness YAT-600 Yoga Ayurveda Teacher Training in Tokyo, Japan Yoga Awareness YAT-900 Yoga Ayurveda Teacher Training in Tokyo, Japan Yoga Awareness YAT-1200 Yoga Ayurveda Teacher Training in Tokyo, Japan

Yoga Awareness YAT certificate for Yoga Ayurveda Teacher and Therapist Trainings in Honolulu Oahu, Hawaiiヨガアウェアネス(YAT) ヨガ アーユルヴェーダ トレーニング

ヨガアウェアネスのヨガ アーユルヴェーダ トレーニング (YAT) は2002年にヨガアウェアネス(米国)、Yoga Raksanam(インド)、Ayu Wellness(インド)によって設立された国際的に認定されている資格です。トレーニングは、インド哲学であるヨガとアーユルヴェーダの高水準のトレーニングを基盤として、その古代の教えを今に生きる受講生のニーズに合うよう構成されています。トレーニングでは以下の2点が重要になります。

(1)ティーチャーと生徒の関係を築く
(2)定期的なサダナ(練習)を深める)

緻密に構成されたトレーニングだからこそ、そして深い知識を持った講師陣だからこそこの2点を実現する事が可能です。自己の「気づき」と個人の成長を促すこのトレーニングを受講することは大きな決断であり自分への約束と言えるでしょう。受講生はクリシュナマチャリア系譜を通してラジャヨガとパタンジャリの教えを学びます。

ヨガアウェアネスは最高水準のヨガ アーユルヴェーダトレーニングを提供しています。トレーニングではクリシュナマチャリア系譜を通してラジャヨガとパタンジャリの教えを学ぶことができます。アーユルヴェーダセラピストトレーニングではCharaka samhita、 Ashtanga Hridayam samhitaを学ぶことができます。トレーニングは一貫しているため、レベルアップには各レベルのトレーニングを終了することが必要です。認定に必要とされる条件は受講者が各レベルのトレーニングに 「向き合う準備」が出来ていることです。向き合うことによって受講者がポジティブに変化していく成長を促すことができます。

ヨガ アーユルヴェーダ トレーニングはYAT 300, 600, 900, 1200の5つのレベルがあります。終了後はヨガアウェアネスYATティーチャー/施術者の認定を受け、その認定は ヨガアウェアネスでのさらなる学びを続けていく基盤となります。全米ヨガアライアンスRYT200,RYT500の資格も同時に申請することができます。また、国際ヨガセラピスト協会(IAYT)と 国立アーユルヴェーダ医学協会 (NAMA) のメンバーになることができます。ヨガアウェアネスYATの認定は世界中で有効で、インターナショナルに指導することが可能です。

ヨガの教えとヨガセラピーについて
ヨガアウェアネスの考えるヨガはチキーサ(セラピー)です。インド伝統のヨガはヨガとセラピーは分けることはありません。ヨガそのものがセラピー。西洋ではヨガとセラピーを区別して考えられていることが多くなっています。ヨガの教えはセラピーそのもののであり、ヨガをヨガとセラーピーを分けることはできず、ヨガそのものが身体、マインド、精神に働きかけるセラピーでありヒーリングです。ヨガアウェアネスではYAT300ー1200時間のヨガティーチャー認定、YAT40-400時間のアーユルヴェーダ施術者資格認定の取得が可能です。


全米ヨガアライアンス
RYT 全米登録
ヨガ登録講師 RYT 200 & 500 時間
Yoga Alliance RYT 200 and RYT 500 USA National Registry Yoga-Alliance-RYT-200 Yoga-Alliance-RYT-500

全米ヨガアライアンスは米国ヨガ非営利団体で全世界に知られています。アライアンス登録講師はヨガの歴史や伝統と知識や価値の理解を持った質の高いティーチャーであると認識されています。1999年にヨガティーチャーの基準を定めるために設立された相互理解と様々なスタイルと伝統も大切にしています。ヨガアライアンスの目的は、ヨガを広めること、ヨガティーチャーがヨガの伝統を尊びながら質の高いティーチングを提供する事です。

ヨガアライアンスにはヨガティーチャー(RYT)の資格認定をすることのできる登録校(RYS)制度があり、そこでは200時間および500時間トレーニングが指導されます。登録校の卒業生は自動的に全米ヨガアライアンスのRYT(登録ヨガティーチャー)登録資格を得ることができます。

ヨガアウェアネスは米国のヨガ協会である全米ヨガアライアンスの登録校(RYS)で200, 300, 500時間スタンダードトレーニングを開催しています。ヨガアウェアネスのYAT資格取得した卒業生はヨガアライアンス認定講師(RYT 200とRYT 500)の登録することができます。他のヨガスクールでヨガアライアンス必要時間を終了した方もヨガアウェアネスで学びをさらに続けることができます。

ヨガティーチャーの分類:2016年にヨガアライアンスではヨガ指導を教育と分類付けて、ヨガティーチャーが「ヨガセラピー」や「ヒーリング」という言葉を使用することを制限しました。

Yoga-Alliance-RYS-200
Yoga-Alliance-RYS-300
Yoga-Alliance-RYS-500
Yoga-Alliance-YACEP-color

Yoga Alliance RYS 200 Hour Standards >>>

Yoga Alliance RYS 300 Hour Standards >>>

Yoga Alliance RYS 500 Hour Standards >>>

▼ ホーム

▼ お問い合わせ

お問い合わせ

オンラインお支払い

オンライン アセスメント

スタジオの場所

お問い合わせナビ

•  メルマガ登録
•  新規メンバー登録
•  ログイン
•  ご利用規約
Yoga Awareness
16 Merchant Street
2nd Floor
Honolulu, Oahu
Hawaii HI 96813 USA
808-531-2222 (office)
808-280-7771 (cell)
yogaawareness.com